「色白」と「色黒」、どっちがいいの?それぞれが人に与える印象とは | 美白サプリ人気ランキング総選挙~憧れの美白肌を取り戻す方法



美白サプリ人気ランキング総選挙
美白サプリ人気ランキング総選挙



■外見のイメージがもたらす心理的効果





色白の人を見ると「か弱そうで守ってあげたくなる」。

色黒の人を見ると「健康的で元気そう」。



肌の色は、見た目のイメージに

大きく影響してくる要素です。



「色白だとそれだけで美人に見える」

「色黒はセクシー」など、

肌の色が人に与える印象はモテ要素にも関わってきますよね。



そもそも、外見のイメージが心理的にもたらすものには

どんな効果があるのでしょうか?

「色白」「色黒」それぞれが人に与える印象を見ていく前に、

外見のイメージがもたらす心理的効果をチェックしておきましょう!

▼「外見心理学」という研究分野もある!



外見心理学という研究分野もあるほど、

「見た目」は印象に大きく関わってきます。



外見から受ける印象が、 その人のイメージを形作り、

その後の関係性にも影響してくるとして、

「第一印象を大切にしよう」とさまざまなところで言われています。



そんな、 見た目のイメージの重要性を裏付けるもののひとつが

「ハロー効果」

です。





▼「ハロー効果」とは?



「ハロー効果」は心理学用語のひとつで、

ある特徴的な印象に影響を受け、

それ以外の特徴や評価が歪められてしまう効果のこと。



ビジネスでも恋愛でもハロー効果を活用する方法が紹介されるほど、

注目を集めている心理学的効果です。



たとえば、

「ある商品の宣伝にいいイメージを持たれている有名人を起用することで、 商品自体のイメージもアップさせる」

というのもハロー効果を使っています。



恋愛でいえば、 「イケメンでカッコイイ」と思っていると

どんな行動もステキに見えてしまう…

という効果があります。



恋は盲目の元にもなっているといえそうですね。



反対に、 「ここがイヤだ」という

マイナス印象をもってしまうと、

同じ行動でも嫌なイメージに受け取ってしまい、

すべてが嫌になることがありますが、

これもハロー効果の影響だといえます。



「色白だから、 美人なはず」「色黒だから、 元気なはず」

というフィルターがかかった印象をもたれることが多いのも、

このハロー効果が関係していると考えると、

「外見のイメージがもたらす心理的効果は大きい」

ことに気付かされますね。





■「色黒肌」は肉食女子だと思われる!?






色黒肌女子がもたれることの多いイメージが

「健康的/元気いっぱい/活発/野性的/アウトドアやスポーツが好き/派手/セクシー」

などで、

そのイメージから「肉食女子」と思われることもあるようです。



これは肌の色が黒いことで、

「日焼けをしている→外で行動している→アウトドアやスポーツをしているだろう→元気/健康的→恋愛に対しても元気がよさそう→肉食女子だ!」

というイメージの連鎖が起こっていると考えられます。



また、 1990年代に流行った「ガングロブーム」によって、

「色黒=ギャル」という印象を強くもたれるようになり、

「ギャル=肉食女子」というイメージに引きずられている可能性も!



他にも、 肌の色が黒いことで体つきが締まって見えるので、

「セクシーだ」というイメージを持ちやすいことでも知られています。



セクシーに見えるのは嬉しいですが、

セクシーさを感じさせるがゆえに、

「肉食女子」のイメージをもたれてしまう可能性もあります。



色黒肌といっても、

その黒さの度合いによって人に与える印象も変わってきますが、

肉食女子と思われてしまう可能性があることは、

考慮したいポイントです。





■「色白肌」のほうが得をする!?





「色白肌さんは美人に見える」というのが女性だけでなく、

男性からももたれやすいイメージのひとつです。



肌の色が白いだけで、

「可愛らしい/美人」だと思われやすいという点では、

色白肌は得だといえそうです。



色白肌がもたれやすい印象は

「清潔/キレイ/上品/おしとやか/女性らしい/病弱そう」

などのキーワードが多く挙げられます。



確かに、 色白でシミやくすみのない肌をしている女性は、

清潔感がありキレイに見えますよね。



「色の白いは七難隠す」

ということわざもあるように、

色白肌であるだけで、 「得だ」というのは、

昔からの共通認識でもあります。





▼本当に色白肌は得で、 色黒肌は損なの?



しかし、 一方で「病弱そう」というイメージから、

小麦色の肌をした色黒肌さんのほうが

健康的でよいとする男性も多くいます。



「どちらがよりモテるか」

という点においては、

「絶対色白のほうが得」とはいえません。



また色白肌の場合、

シミやくすみ、 にきびなどの肌トラブルが目立ちやすいため

“汚肌”認定されてしまうことも。



紫外線対策などのスキンケアは、

色黒肌よりもしっかり行っておかなければなりません。



そう考えると必ずしも色白が得だとはいえないとも考えられるでしょう。





▼女子の憧れキレイな“色白肌”になるには…



「色白だから得、 色黒だから損」と一概に言えないとはいえ、

やはり、 色白肌には憧れちゃいますよね。



色白肌には得なことも多いですが、

そのイメージを人に与えるためには、

正しいスキンケアやサプリメントなどでのサポートが欠かせません。









今、 すでに色白肌の方も、

色黒肌だけど色白肌になりたい!

と思っている方も、

しっかりケアをして透き通るようなキレイな色白肌を維持して、

ステキな印象を与えられるようにしませんか?




   >>みんなが選んでいる!人気の美白サプリは?