食べ物でのシミ対策は有効?どんな食べ物を摂取すればいい? | 美白サプリ人気ランキング総選挙~憧れの美白肌を取り戻す方法



美白サプリ人気ランキング総選挙
美白サプリ人気ランキング総選挙



美白のためには内側からのケアが必要な理由



美白と聞くと、

美白効果が期待できる

化粧水・美容液をイメージする方が

多いかもしれませんが、

実はそれだけでは不十分なのです。



そもそも美白成分に期待できる効果は、

「シミを薄くする」、

「予防する」、

「日焼けした肌を元の色に戻す」

などというもので、

既にあるシミを消したり、

本来の肌の色以上に白くしたりすることはできません。



紫外線を吸収しにくい肌を目指す、

透き通るような白さの肌を目指すには、

外側のケアだけでなく、

身体の内側のケアを行い、

本格的な体質改善をする必要があります。



内側のケアとは、

ズバリ食生活です。



食生活が乱れていると、

肌のターンオーバーも

乱れがちになります。



化粧品を変えるよりも、

まずは食生活の改善から

始めることをおすすめします。





美白に効果的な栄養素と食べ物まとめ



美白に効果的な栄養素は

どのような食べ物に多く含まれているのでしょうか。



ここでは、 それの具体例と

さらに食べ方について詳しく見ていきましょう。





●セラミド



シミ予防に必須となる保湿効果があるセラミド。

雑菌や紫外線などの外部ストレスから

肌を守る効果も期待できます。



こんにゃく芋や大豆、

ブロッコリーに多く含まれています。





●ビタミンC



シミの元となるメラニンを

予防する効果が期待できるのが、

ビタミンCです。



キウイやグレープフルーツ、

ゆずやアセロラなどの果物、

パプリカ、 パセリなどの野菜に多く含まれています。



食べ方のポイントは、

生で摂取することです。



なぜならビタミンCには水に溶けやすく、

熱に弱いといった特性があるためです。



また、 果物にはビタミンCが

豊富に含まれていますが、

果糖も多いので、

食べ過ぎには注意してください。





●リコピン



肌の酸化を防ぎ、

メラニンの生成を抑制してくれる栄養素です。



トマトやミニトマトに多く含まれています。



熱に強く、 油に溶けやすい

という特徴があるため、

トマトソースやトマトスープのような

加熱調理もおすすめです。



イタリア料理で良く使われる、

トマトとオリーブオイルの組み合わせも効果的です。





●ビタミンE



肌の新陳代謝をスムーズにする効果があるのが、

ビタミンEです。



美白の敵、

メラニンの体外排出を促してくれるため、

積極的に摂取しましょう。



またリコピンと合わせて摂取することで、

より効果が高まります。



ビタミンEを多く含む食べ物は、

アーモンドなどのナッツ類、

アボカド、

えごまなどです。



ただし、 食べ過ぎは逆効果になってしまいますので

ご注意ください。





●L-システイン



L-システインには新陳代謝を良くし、

メラニンの生成を抑えるはたらきがあります。



さらに既に肌にあるシミを薄くする効果も。



しかし、

残念ながらL-システインは

食べ物の中にはない成分です。



摂取するためにはメチオニンを含む食べ物を食べ、

体内で合成するしかありません。



メチオニンは肉類やマグロ、

チーズや牛乳などに多く含まれています。





●食べ方を考えることでさらに美白効果UP!



シミ対策を考え、

美白効果を求めるのであれば、

食べ物だけではなく、

食べ方も大切です。



特にビタミンCは、

水溶性のため、

体内に長く留めておくことができません。



つまり、

いちどに摂取するのではなく、

1日の中で何度も分けた方が効果的です。



また、

野菜たっぷりのサラダにアーモンドを加える、

忙しい朝でもトマトジュースとカットしたアボカドを食べるなど、

異なる栄養素を同時に摂取することで、

美白効果がより高くなります。





美白に逆効果な栄養素と食べ物まとめ



美白に効果的な栄養素や食べ物がある一方、

美白に逆効果な栄養素と食べ物も存在します。



せっかく化粧品で外側のケアをしていても、

内側から打ち消していては意味がありません。



逆効果な栄養素と食べ物をチェックして、

できる限り避けるようにしましょう。





●光毒性物質ソラレン



あまり聞きなれない名前かもしれませんが、

光毒性物質ソラレンは光に当たることでシミの原因となるメラニンを作り出してしまう物質です。



柑橘系の果物や、

セロリ、

にんじん、

じゃがいも

などの野菜に多く含まれています。



「柑橘系の果物にはビタミンCが含まれているから摂取したい」という方は、

夕方または夜以降に食べることをおすすめします。



ソラレンが紫外線を吸収するのは、

食事後2?7時間程度です。



時間を調整して食べることで、

美白に必要な栄養素のみを

摂取することが可能となるのです。





●カフェイン



美白に欠かせない、

肌の順調なターンオーバー。



しかし、

このターンオーバーを鈍らせてしまうのが、

カフェインです。



カフェインには、

ターンオーバーに必要なミネラルやビタミンといった

栄養素を体外に排出してしまうはたらきがあります。



つまり、

カフェインを摂取すればするほど、

細胞の中にメラニン色素が残り、

肌にシミがつくられてしまう原因になりかねません。



コーヒーや紅茶、

緑茶、

烏龍茶、

栄養ドリンクなど、

カフェインが多い飲み物には注意が必要です。





●アルコール



アルコールが体内で分解されるときには、

活性酵素が発生します。



活性酵素にはシミの原因となる

メラニンを増やすはたらきがあり、

必然的に美白の逆効果になってしまいます。



また、

アルコールを分解する際には、

体内から大量に水分が出て行くため、

肌の水分量も減少します。



特に外でアルコールを飲む機会が増える夏は要注意です。



アルコールによって、

毛細血管が広がり、

血行がよくなると日焼けをしやすくなるという

デメリットもあります。





●ストレスを溜めない程度の摂取量コントロールを



美白逆効果の栄養素は

摂取しないに越したことはありませんが、

完全にゼロにするのは難しく、

ストレスの原因となる可能性もあります。



ストレスは、

美肌の大敵です。



例えば、

アルコールをたくさん飲んでしまった翌日は、

野菜を多めに摂取するなど、

全体のバランスを取ることが、

シミ対策・美肌づくりの基本なのです。