背中のシミ、ニキビ跡の原因や治療法について | 美白サプリ人気ランキング総選挙~憧れの美白肌を取り戻す方法



美白サプリ人気ランキング総選挙
美白サプリ人気ランキング総選挙



背中にできるシミの種類と特徴、その原因



背中にできるシミは大きく分けて3つあります。



ここでは、 それぞれの特徴や対策などについて

詳しく見ていきましょう。





●老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)



シミの代表格ともいわれる

老人性色素斑は最も多いタイプのシミです。



このタイプのシミは、

紫外線を長期間浴び続けることでできます。



見た目は、

薄い茶色の楕円形など丸い形をしており、

輪郭もしっかりしているのが特徴です。



紫外線の蓄積によりできるシミですが、

マリンスポーツやアウトドアで良く日を浴びる方や

夏場に露出の多い服を着る方に好発します。



老人性色素斑ができる原因は、

紫外線を浴び続けることで、

紫外線のダメージから皮膚の細胞を守るために

メラニンが過剰に分泌されることです。



紫外線を浴びる時間が多すぎると、

皮膚のダメージが大きく、

肌のターンオーバーが

スムーズに行われなくなります。



その結果、 日焼け後の黒くなった皮膚が

新しい皮膚に変わりきらず、

シミとなってしまうのです。



このタイプのシミは早めに対処することで、

シミも消えやすいので

放置しないことが大切です。





●炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)



名前の通り、

炎症を起こした結果できるシミです。



背中ニキビの後にできがちです。



また、汗疹や、

化粧品やシャンプー剤などの刺激、

強い日差しを浴びることでも起こります。



炎症の度合いによってシミの色は変わりますが、

薄い茶色から茶色、

黒っぽい色など様々です。



シミを放置し、 日焼けすると

さらに濃くなるので注意が必要です。





●花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)



紫外線ケアなどをしそびれたり、

不十分な状態で急激に日焼けをしたりした結果、

できるシミです。



広範囲に花びらが広がるようにできるのが特徴です。



日焼けによって肌がヒリヒリした後や、

水膨れを起こすようなダメージの後に好発します。



皮膚が火傷状態になっているため、

治りにくいのが難点です。





背中のシミ、 ニキビ跡は皮膚科でのレーザー治療が効果的?



見た目に悪い背中のシミやニキビ跡に

美白クリームやシミ消しなどを使用している方も多いでしょう。



ただ、 なかなかシミが薄くならず、

消えないことから苦労が絶えないのがシミのケアです。



では、

皮膚科などで行うレーザー治療は効果があるのでしょうか?

結論から言うと、

皮膚科のレーザー治療は

一時的には有効と言えるでしょう。



シミの改善を早めるというメリットがありますが、

根本的なシミ消しにはなりにくいという側面があります。



レーザー治療と言うのは、

メラニンの黒い色素を狙いそれをレーザーで焼ききることで、

シミを薄くさせて消す治療法です。



メラニン色素がある細胞のみにレーザーを当てるため、

他の細胞の負担にはなりくいとされていますが、

レーザー治療のほとんどは一度で終わりではありません。



そのため、

繰り返し肌にレーザーが当たることは、

少なからず他の細胞の負担にもなります。



また、 背中ニキビの跡などのレーザー治療では、

赤くなってしまったり色素沈着が残ってしまうこともあります。



その場合、

レーザー治療が終わった後も何週間もの間、

ケアが必要となることもあります。



シミの再発もしかねないことから、

レーザー治療のみで治すという考えは、

しない方が無難と言えるでしょう。



シミにも様々なタイプがありますが、

日頃から紫外線対策を怠らない事はもちろん、

身体の中からできるインナーケアを取り入れながら、

レーザー治療を選択することをおすすめします。





背中のシミ、 ニキビ跡改善のために知っておきたいインナーケア



背中のシミやニキビ跡を

改善させるために大切なのは、

お肌のターンオーバーを促進することです。



そのためには、

身体の中から細胞を元気に保つことも欠かせません。



背中のシミやニキビ跡の改善や再発防止のために、

ぜひ取り入れていきたい栄養素をご紹介します。





●ビタミンCやリコピン



ビタミンCはメラニン色素の生成を抑えてくれます。



緑黄色野菜や果物などに多く含まれますが、

トマトに含まれるリコピンもメラニン色素を

抑えて還元する効果があることからおすすめです。





●コラーゲン



お肌のターンオーバーを促進するためには、

コラーゲンが有効です。



そこで、 コラーゲンの元となる良質なたんぱく質を

しっかりと取ることが大切です。



お肉やお魚、

乳製品、

大豆製品など

バランスよく摂取しましょう。





●ビタミンB群



皮膚の粘膜を補修したり保護する事だけでなく、

皮脂分泌を抑え、

背中ニキビができづらくする働きを持っています。



納豆、

レバー、

ニンニク、

マグロ

などに多く含まれます。



身体の中からシミやニキビ跡のケアをするためにも、

バランスの良い食事をとりましょう。



そして、

食事で補えない栄養素などは

サプリメントを摂取することをおすすめします。





●睡眠によるインナーケアも大切



同時に肌のターンオーバーが活発になる

お肌のゴールデンタイムと呼ばれる22時~午前2時の間は、

睡眠をしっかりとれている状態にすることが有効です。