妊娠したら顔にシミが!なんだか肌もくすんでる…?いったいなぜ? | 美白サプリ人気ランキング総選挙~憧れの美白肌を取り戻す方法



美白サプリ人気ランキング総選挙
美白サプリ人気ランキング総選挙



「妊娠中、気づくと頬にシミができていた」

なんてことはありませんか?



実はそれ、

紫外線の影響だけでなく女性ホルモンの影響による、

妊娠性の肝斑かもしれません。



妊娠中は黄体ホルモンの影響でメラノサイトが刺激され、

メラニンというシミの原因となる

色素が作られてしまいます。



それが「妊娠中肝斑」です。



今回は、 妊娠中肝斑ができるメカニズムや、

産後に肝斑は消えるのか、 など

気になるポイントを紹介します。





■妊娠によるシミは紫外線とホルモンが原因?



妊娠中、 急にできるシミはなぜできるのでしょうか?

もしそのシミが、 左右対称に

ほほや額に広がるシミならば、

妊娠性肝斑の可能性があります。





▼妊娠中の女性ホルモンの働きとは



女性ホルモンは、

エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。



エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれており、

卵胞を育てる働きと子宮内膜を厚くする働きを持っています。



プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれており、

子宮内膜の状態を整え、

妊娠中の母体と胎児を守る働きがあります。



妊娠すると、

ふたつの女性ホルモンのうち、

黄体ホルモンである

プロゲステロンの分泌が増加し、

子宮内膜を整えます。



プロゲステロンが分泌されることで、

子宮内膜は赤ちゃんを育むのに適した状態になり、 胎盤も完成します。



妊娠初期の女性にとって、

プロゲステロンは

とても大切な役割を持っているのです。



しかし、 プロゲステロンは

メラニンを生成するメラノサイトを刺激する働きもあります。



そのため、 妊娠中は

紫外線の影響が出やすい状態なのです。



さらに妊娠中は黄体ホルモンだけでなく、

卵胞ホルモンであるエストロゲンや

メラノサイト刺激ホルモンの分泌も増加します。



メラノサイト刺激ホルモンが増加すると、

メラノサイトを活性化するプラスミンが作られ、

メラノサイトでメラニンを作り出すことにつながります。





▼妊娠性肝斑の原因



このようにホルモンバランスの変化が

原因でできてしまうのが妊娠性肝斑です。



これは、 月経不順などを改善するため、

ピルを服用すると同じように肝斑ができることから、

女性ホルモンのバランスが崩れることが

肝斑の原因であるとされています。



しかし、 女性ホルモンのバランスが

肝斑にどう作用しているのかは

まだはっきりとはわかっていません。



紫外線は妊娠性肝斑の

直接の原因ではありませんが、

紫外線を浴びることで

肝斑が悪化する原因にもなると考えられています。



さらに、 プロゲステロンの影響で

紫外線によるシミもできやすくなっているため注意が必要です。





■妊娠による肝斑は産後には消える?



妊娠性肝斑は、

産後、 女性ホルモンのバランスが

もとに戻れば消えるのでしょうか?

実はすべてが消えるとは限りません。



女性ホルモンの影響がなくなったとしても、

できてしまったメラニンはすぐには消えません。



さらに黄体ホルモンの影響で

メラノサイトが刺激されたことで、

紫外線によるシミもできやすくなってしまっているからです。



つまり、 妊娠性肝斑だけでなく、

紫外線によるシミもあるのが

産後の肌の状態ということです。



妊娠中の女性ホルモンは、

赤ちゃんを産むために必要なものです。



分泌を抑えて肝斑をできにくくすることはできません。



しかし、

適切なケアを行うことで

なるべく肝斑を悪化させないようにすることはできます。



また、 産後も美白ケアを行うことで

改善することにつながります。





■妊娠中でも安全に美白ケアしたい!どうしたらいいの?



美白ケア、

特に肝斑に効果的とされているのが

トラネキサム酸です。



トラネキサム酸は、

女性ホルモンの影響で作られる

メラノサイト活性因子であるプラスミンの働きを阻害します。



そのため、 シミの中でも

肝斑に効果があるということが認められているのです。



しかし、 トラネキサム酸はもともと

止血剤として使われていた成分でもあります。



血栓を溶かす作用がある

プラスミンという物質の働きを阻害し、

血が止まりやすくなるという効果があります。



そのため、

血栓などができやすい方は

注意しなくてはなりません。



妊娠中はつわりの時期の水分不足や、

お腹が張った時に安静にするため

運動不足になるなど、

血栓のリスクが高まります。



そのため、 トラネキサム酸の服用は

避けた方が安心です。





▼妊娠中でもできる美白ケア・紫外線の防止



まずは紫外線防止を心がけましょう。



日焼け止めクリームや日傘、

帽子などを使用し、

紫外線をなるべくカットします。



紫外線は肝斑の直接の原因ではありませんが、

悪化させる要因ではあります。



さらに妊娠中は、

黄体ホルモンやメラノサイト刺激ホルモンの影響で

メラノサイトが刺激されているため、

紫外線によるシミもできやすくなっています。



紫外線をなるべくカットして、

肌への影響を少なくしましょう。



・美白化粧品の使用

美白効果のある化粧品は、

基本的には使用しても問題はありません。



ただし、 化粧品の注意書きに

妊娠中は使用を控える、 禁止するなどの文言があるものは避けましょう。



基本的には化粧品レベルのものであれば、

浸透も表皮に限られていますから

お腹の赤ちゃんまで影響を及ぼすことはないでしょう。



ただし、 妊娠中は女性ホルモンのバランスが変わることにより、

肌がいつもより敏感になっていることもあります。



初めて使用する化粧品ではなく、

使い慣れたものをそのまま使用する方が安心です。



・食生活の注意

また、 美しい肌を保つための基本である

バランスのとれた食事と

規則的な睡眠を心がけましょう。



肌のためだけでなく、

お腹の赤ちゃんを育てるためにも大切です。



美白効果もあり、 おなかの赤ちゃんのためにも

積極的に摂りたいのが

ビタミンCです。



ビタミンCは美白にも効果がありますが、

コラーゲンの生成を促すために

おなかの赤ちゃんを育てるためにも必要です。



また、 妊娠中は貧血になりやすいのですが、

鉄分と一緒にビタミンCを摂ると

貧血予防にも効果的です。



妊娠時は最低110mgは

ビタミンCを摂取しましょう。



逆に注意が必要なのがビタミンAです。



新陳代謝を活発にすることで、

美白成分として使われることもあります。



化粧品に配合されるときは、

レチノールという名前で呼ばれることが多くあります。



ビタミンAは妊娠初期に

過剰摂取すると胎児に奇形が生じる可能性があります。



普通の食事でビタミンAを過剰摂取することは

ほとんどありませんが、

美白のサプリメントで

ビタミンAが配合されているものを飲んでいる方は

医師に相談することをおすすめします。



また、 レチノール配合の化粧品の使用は、

念のため中止しましょう。



妊娠中は、 お腹の赤ちゃんが

一番なのは当たり前ですが、

美肌もキープしたいものですね。



正しい美白ケアで肝斑を悪化させないことで、

産後の美白ケアも効果が出やすくなります。



妊娠中も美白ケアを忘れないでくださいね。