透き通るような美白肌になりたい!そのためにすべき内外ケアとは | 美白サプリ人気ランキング総選挙~憧れの美白肌を取り戻す方法



美白サプリ人気ランキング総選挙
美白サプリ人気ランキング総選挙



透明感のある肌を手に入れるためにすべき外からのケア



透明感のある肌というのは、

スキンケアの基礎を確実に丁寧に行うことで

作り上げられることが分かります。



日頃のスキンケアの見直しと

身体の内側食生活や運動を見直すことで、

透明感のある肌に近づけましょう。



ここでは、 美白肌を手に入れるために日頃から行いたい、

外側からのケアについて詳しくご紹介します。





●洗顔の見直し



外から行うべきケアとして、

毎日の「洗顔」の見直しが必須です。



洗顔を行ってはいるものの、

汚れや皮脂が落ち切っておらず、

それがシミの原因になってしまうことは少なくありません。



また、 洗顔時の摩擦が強すぎることで

肌に負担をかけている場合もあります。



洗顔時は、 アイメイクをはじめとするポイントメイクを先に落とした後に、

クレンジングを使用し、 ベースメイクを浮かせてオフします。



そして、 いよいよたっぷりの泡で

お肌を優しく洗いますが、

間違えても強くこすってはいけません。



また、 泡の洗い流しは、

ぬるま湯で丁寧に洗い流しましょう。





●保湿はたっぷりとスピーディーに行いましょう



化粧水などでお肌を保湿するスキンケアは、

洗顔後に出来るだけ早く行ってください。



ぬるま湯が蒸発していく際に、

水分がお肌から奪われ乾燥してしまう可能性があるからです。



セラミドなど保水力のある化粧水を

たっぷりと使用して保湿することが有効です。



皮膚は3層構造になっており、

外側から表皮、

真皮、

角質組織

と分かれています。



これらの角質部分にしっかりとし水分が行き届くことで、

正常なターンオーバーが実現できるでしょう。



化粧水は、 手で付けても構いませんが

できれば、 コットンで優しく

パッティングしながらつけることをおすすめします。



お肌をご自身で触った時に冷たく感じたら、

しっかり保湿できたサインですので目安にしてみてください。





●タオルパックで血流促進



透明感がある肌には、

正常なターンオーバーが大切です。



そのためには、

血流がスムーズに流れ、

細胞から元気になる必要があります。



また、 むくみなども、

肌のくすみにつながりがちですので、

電子レンジでチンして温めた蒸しタオルを使って

タオルパックをすることも有効です。



透明感のある肌を手に入れるためにすべき内からのケア



次に、 透明感ある肌に仕上げるために、

身体の内側からできるケアを詳しく見ていきましょう。





●身体を温める食材で血流アップ



身体を冷やす食材は、

身体だけでなく皮膚にも冷えを起こし、

むくみなどが起こりやすくなりがちです。



そのため、 身体を温める食材を

積極的に取り入れるようにしていきましょう。





●適度な運動を行う



毎日が忙しいと、

運動する機会も減りがちですが、

運動により血流を上げることは、

お肌のターンオーバーを促進するのに最適なのです。



また、 適度な運動は代謝をアップさせ、

ダイエット効果に繋がることはもちろん、

便秘になりにくくしてくれます。



便秘になると、

腸内環境が悪化し、

それにより毒素が肌から出てしまうので、

肌荒れやクスミの原因にもなりかねません。



●ビタミン類の摂取で肌の健康ケア



お肌の状態を良く保つためには、

ビタミンA群、 B群、 C、 E

といった ビタミン類はもちろん、

マグネシウムなどのミネラル、

食物繊維などをバランスよく摂取することが欠かせません。



もちろん日頃の食事からこれらの栄養素を取れることがベストですが、

多くの品目を取ることが難しい場合、

サプリメントなどを利用して

効率的に摂取するようにしましょう。





透明感のある肌を遠ざけるNG行動



身体の内外からできる、

透明感のある肌作りをしていても、

NG行為を知らぬ間にしていては

せっかくのケアが台無しとなります。



そこで、 これは要注意というNG行動をご紹介しますので、

もし行っている方はすぐにやめるようにしましょう。





●長時間のクレンジング



汚れや皮脂をしっかりと落そうと、

クレンジングに時間をかけすぎるのはNGです。



また、 さっぱりと仕上げたいからと、

暑いお湯で洗い流すと、

必要な皮脂まで洗い流してしまい、

さらに皮脂が過剰に分泌されてしまうという結果に陥ります。



お肌はインナードライ状態になり、

肌は透明感をなくしてしまいます。





●過度なマッサージ



肌の血流を良くしようと、

洗顔後などにマッサージを行うことは

決して悪いことではありません。



しかし、

お肌の表皮や真皮の厚さはわずか2ミリ程度しかありません。



その為、 強い力で刺激を繰り返すと肌にダメージとなりがちです。



摩擦という意味では洗顔後に水分を取る際も、

タオルで擦らないようにしましょう。



タオルを肌に軽く押しつけて水分を取り除くのがポイントです。





●過度な保湿



前述で保湿はしっかりとご紹介しましたが、

付け過ぎも良くありません。



あまりに多くつけると、

余った水分が蒸発する際に

肌内部の必要な水分も取り去られてしまうからです。



化粧水はパッティングし、

肌の中にしっかりと入れていくように意識することが大切です。