化粧でキレイにシミをカバーするファンデーション・コンシーラーの選び方・使い方のコツ | 美白サプリ人気ランキング総選挙~憧れの美白肌を取り戻す方法



美白サプリ人気ランキング総選挙
美白サプリ人気ランキング総選挙



「シミが出てきてしまい困っている」

「日焼けしてシミができるのが怖い」

など、

顔の印象を大きく変える顔のシミに、

戦々恐々としている女性は少なくありません。



そこで今回は、

シミを作らないためのスクンケア方法と、

シミをカバーするメイク方

を紹介します。





■シミをカバーしてくれるファンデーションの選び方とメイクテク



シミをカバーするには、

肌の密着度が高いファンデーションを選びましょう。



たとえば、

リキッドファンデーションやクリームファンデーション

といったカバー力の高い種類を選ぶのがおススメです。





▼厚塗りに注意!使い分けてナチュラルな肌を演出しよう



カバー力の高いファンデーションはシミを隠してくれますが、

厚塗りになってしまいがちです。



そのためクリームやリキッドといったファンデーションに

苦手意識を持っている人もいると思います。



シミのタイプによって、

ファンデーションを使い分ければ、

カバー力が低いタイプでもメイクでしっかりとカバーすることができます。



【顔全体に濃いシミがある場合】

しっかりと肌に色が乗る、

クリームファンデーションを使用しましょう。



肌に密着し濃いシミもしっかりと隠してくれます。



厚塗りになりやすいので、

うすく仕上げることを意識するのがコツです。



【顔全体にうすいシミがある場合】

シミがうすい場合は、

クリームファンデーションよりも軽い仕上がりになる

リキッドファンデーションがオススメです。



伸びがいいタイプを選ぶと、

うすく塗っただけでもシミをカバーできます。



下地にイエロー系のコントロールカラーを使用すると、

よりシミが目立たなくなります。



【部分的なシミが気になる場合】

部分的なシミの場合はコンシーラーを使ってシミをカバーしてから、

パウダリーファンデーションを使ってみましょう。



全体的にうす付きになるので、

しっかりとカバーしつつ

ナチュラルな仕上がりが実現します。





■シミをカバーしてくれるコンシーラーの選び方とメイクテク



コンシーラーは用途によって、

テクスチャや色味など使い分ける必要があります。



どんなタイプを使う場合も気を付けるべきは

「厚塗りしすぎず、 自然に仕上げること」

を心がける点です。





▼シミを隠すのに最適なコンシーラーは?



固いテクスチャのコンシーラーは密着性が高く、

シミやそばかすを隠すのに最適です。



ポイント使いしたい場合は、

ペンシルやスティックなどの固形タイプがオススメです。



固いテクスチャのものは伸びにくく扱いが難しいですが、

液状タイプと比べ油分が少なく肌に密着しやすくなっています。





▼コンシーラーは色選びが重要!



シミを隠す場合は必ず、

「ファンデーションよりも濃い色」

を選びましょう。



明るい色を選んでしまうとそこだけ白浮きしてしまい、

不自然な仕上がりになっていまいます。





▼コンシーラーの使い方



気になるシミ部分にコンシーラーをのせ、

指でぽんぽんとなじませるようにたたきます。



指を使うことでコンシーラーに体温が伝わり、

なじみやすくなるんです。



慣れないうちはパフなどを使うより、

指でやった方が失敗しないでしょう。



そしてコンシーラーを使う際の「絶対ルール」があります。



それは

【仕上げは必ずパウダーをのせること】

です。



例えばパウダーファンデーションの場合、

下地→コンシーラー→ファンデーション

の順番。



リキッドファンデーションの場合、

下地→ファンデーション→コンシーラー→パウダー

の順番が崩れにくい理想の順番です。



その理由は、

「コンシーラーのヨレを防ぐ」ためです。



コンシーラーは表情筋が動くことで動き、

ヨレてしまいます。



仕上げにパウダーでおさえることで、

動きによる崩れを防止できるんです。





■日焼け止めとスキンケアにも気を付けましょう!



シミを作らないためには紫外線対策をおこない、

できるだけ日焼けしないようにするのが1番です。



日焼けはシミを作るだけではなく、

シワやそばかすといった肌年齢を大きく下げる原因にもなりますので、

しっかりとケアを行い予防していきましょう。





▼日焼け止め効果のある下地で紫外線をカット!



シミ予防をする場合、

PA・SPF値が低くても効果を得られます。



数値が高ければその分紫外線をカットできますが、

肌への負担が大きくなるので

レジャー以外の日常生活ではPA+~++、

SPF10~20前後でも十分効果を発揮します。



短時間の外出でも日焼け止めを塗る習慣をつけ、

紫外線から肌を守ってくださいね。





▼スキンケアでシミ予防♪



「ビタミンC誘導体」を含んだ化粧品を使いましょう。



美白効果が高いだけではなく、

お肌にハリを与える成分でもあります。



スキンケアは継続して行うことが重要なので、

お財布に負担のない価格帯の化粧品を選んでくださいね。



また、

日焼け後のアフターケアも効果的です。



日焼けした肌は非常にデリケートなので

低刺激で保湿力の高い化粧水でお肌をクールダウンし、

火照りが収まってからビタミンCやアルブチンを含んだ

美白化粧品を使いスキンケアしてください。



できてしまったシミはメイクで隠せますが、

シミを増やさないために日頃から

日焼け対策やスキンケアを行い美しい肌を手に入れましょう♪