レーザーでのシミ消し、そのメリット・デメリットちゃんと知ってますか? | 美白サプリ人気ランキング総選挙~憧れの美白肌を取り戻す方法



美白サプリ人気ランキング総選挙
美白サプリ人気ランキング総選挙



レーザーによるシミ治療が有効なシミとその相場



クリニックでのシミ治療のひとつとして

有名なレーザー治療。



これはメラニン色素に直接レーザーを照らすことで

細胞を破壊する治療法です。



ここでは、 ポピュラーな3つのレーザーの

種類や相場について見ていきましょう。





●シミ全般に効果があるQスイッチレーザー



シミの種類を問わず、 治療効果がある、

Qスイッチレーザー。



シミ部分にのみ反応するレーザーのため、

健康な皮膚にダメージを与える心配は

最小限と言えるでしょう。



ただし、 ニキビ痕のある肌に色素が沈着している場合や

肝斑のある場所は、 シミを悪化させてしまう可能性があるため、

Qスイッチレーザーの使用はできません。



一般的な価格は1mm四方で提示されることが多く、

低価格のクリニックであれば3,000円ほどとなり、

5,000円前後が相場となります。





●ニキビ痕にもOK!フラクショナルレーザー



Qスイッチレーザーよりも、

皮膚の広い範囲にレーザーを照らす

フラクショナルレーザー。



照らした部分の古い皮膚組織を新しく生まれ変わらせることで、

肌全体を整える効果も期待できます。



またQスイッチレーザーでは困難な

ニキビ痕の改善にも効果的です。



フラクショナルレーザーの場合、

値段は大きく2種類に分かれます。



その違いは、

看護師 の施術か、

医師による施術

という点です。



看護師の場合は、

最低数万円?ですが、

医師の場合は10万円前後が一般的です。



また、 医師の場合は、

1回で結果が出ることが多いですが、

看護師の施術の場合は

複数回の通院が必要なこともあります。



トータルの価格としては、

あまり変わらない場合もあるでしょう。





●厚みのあるシミに有効な炭酸ガスレーザー



厚みのあるシミには、

炭酸ガスレーザーが有効です。



皮膚の水分を利用し、

熱を加えて厚みのあるシミの細胞を分解する治療法です。



ピンポイントでシミに直接はたらきかける治療方法のため、

メスなどで切断するよりも治癒が早い点も特徴です。



相場は、

炭酸ガスレーザーの場合で、

1mmにつき1万円ほどとなるでしょう。





効果は抜群?レーザーによるシミ治療のメリット



レーザーのシミ治療のメリットは

大きく分けて以下の3つがあります。





●ピンポイントでの治療が可能



美白化粧品やサプリによるシミ治療は、

効果が出るまでに時間がかかるだけでなく、

必ずしもシミが治療できるかどうか

判断することができません。



その点レーザー治療の場合は、

シミに直接はたらきかけるため、

即効性が期待できます。



またシミのない肌にダメージを与えることがない点もメリットと言えます。





●セルフケアに比べて短期間で治療が完了



レーザー治療の場合、

早ければ1回の施術でシミを薄くすることができます。



長年の紫外線の積み重ねで濃いシミとなっていた場合も、

複数回の施術を行うことで、 ほぼ目立たなくなるため、

セルフケアに比べて格段に効率が良いと言えます。





●状態によっては保険適応が可能



日常生活に支障がある場合や、

シミではなくアザの部類に入る場合は

皮膚科で保険が適用される可能性もあります。



ただ、 シミとアザの判断は、

一般の人では難しいものです。



判断が難しい場合は、

レーザー治療を取り扱っている

皮膚科などで相談してみるのも良いでしょう。





知らなきゃマズイ!レーザーによるシミ治療のデメリット



レーザーによるシミ治療にも、

デメリットが存在します。



デメリットを知った上で、

最終的にレーザー治療に取り組むかどうかを決めることが重要です。





●アフターケアが必要



レーザー治療自体は、

1回または複数回で終わりますが、

その後のアフターケアは長期間かかる場合があります。



そもそもレーザー治療後は皮膚が

やけどのような状態になっているため、

取り扱いには注意が必要です。



レーザーを当てた部分には、

かさぶたができるため、

自然に剥がれるまでは

絶対に触らないことが大切です。



気になるからと無理にはがしてしまうと

不自然な痕が残ったり、

違和感の残る仕上がりになってしまいます。



その他、 消毒やガーゼ交換など

清潔に保つための努力も必要です。



これらが面倒に感じる方には

デメリットになってしまう治療方法と言えます。





●シミが再発する可能性がある



「レーザー治療=全てのシミができなくなる」

という訳ではありません。



レーザーによって破壊しているのは、

皮膚の中にあるメラニン色素のみです。



メラニン色素を生み出す、

メラノサイトにまでははたらきかけていないため、

施術後の紫外線対策は必須となります。



シミが消えたからと言って、

肌のお手入れを放置していると、

再度同じ場所にシミが再発する可能性もあります。





●「炎症性色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)」に注意が必要



レーザー治療には、

施術したことによりメラニン色素が増えてしまう副作用があり、

その結果、

施術前より黒ずんだ肌になってしまう可能性もあります。



もともと、 黄色人種である日本人は

体内のメラニン色素が多めです。



そのためレーザー治療によって、

本来あったシミを薄くすることができたとしても、

その後に新たなシミが発生し、

最初よりもシミが濃くなったと感じてしまうこともあるのです。





●デメリットの対策



レーザー治療を受けた後の肌は、

元の肌よりも敏感な状態です。



紫外線対策をしっかり行うことはもちろん、

施術した場所を必要以上に触らない、

処方された薬をしっかり飲むなどのケアを行うなど、

今の肌の状態をしっかり把握してケアすることが大切です。



また、 できる限りデメリットの発生を抑えたい場合は、

紫外線が強い夏の施術を避けるというのもひとつの方法です。