化粧水と美容液、シミ消しに効果的なのは?そのメリット・デメリットについて | 美白サプリ人気ランキング総選挙~憧れの美白肌を取り戻す方法



美白サプリ人気ランキング総選挙
美白サプリ人気ランキング総選挙



シミ消し化粧品の種類、 化粧水と美容液の特徴とその違い



シミを消すための化粧品として、

多くの化粧水や美容液が販売されています。



「美白化粧水」「美白美容液」

などの記載もありますが、

あなたは正しく使い分けができていますか?



そもそも化粧水とは、

肌に栄養を与えるためのものです。



そして美容液は、

保湿をメインとした上でアンチエイジング成分や

美白成分を加えたものとなります。



化粧水は名前の通り、

ほとんどが「水」です。



水をベースに、

美白効果の強いハイドロキノンや、

安全性の高い美白成分アルブチン

などの栄養が配合されているため、

成分表記を見て自分が必要とするタイプを選ぶことが重要です。



また、 化粧水には保湿成分がほとんど含まれていないため、

化粧水を塗るだけでケアを終えた気になってしまうと、

水分と一緒に元から肌が持っていた潤いもなくなってしまうことになります。



化粧水を使った後は、

乳液などで肌にふたをする必要があることを

忘れてはいけません。



ヒアルロン酸などの保湿成分が配合されている化粧水もありますが、

濃度が低いことが多いため、

化粧水だけで保湿まで補うのは難しいでしょう。



逆に美容液には、

保湿成分がしっかり入っています。



化粧水と美容液の一番の違いは、

保湿力。



そしてプラスアルファの栄養や成分の量と質の違いが、

料金の違いに現れていると考えられるでしょう。





シミ消し化粧水の効果とそのメリット・デメリット



シミ消し化粧水とは、

ひとことで言えば美白化粧水です。



例えば、

顔全体にシミがあり、

薄くしたいという場合は、

スキンケアとシミ消し効果を兼ねて

美白化粧水を使ってみましょう。



しっかりと化粧水を染み込ませることで、

薄いシミであれば他に特別なケアをすることなく、

少しずつシミ消し効果が期待できるでしょう。



また、 美白化粧品の場合、

シミをケアするだけでなく肌のキメを整えたり、

透明感を与えたりするなど肌全体を整えるメリットもあります。



シミ消し化粧水のデメリットは、

濃いシミに対しては効き目が薄い点です。



化粧水にメラニンの生成を抑える成分が入っていたとしても、

濃度が低く効果はあまり期待できないでしょう。



シミ消し化粧水には即効性が期待できません。



化粧水を使用し続けるだけで、

完全にシミを消すことは難しく、

さらに厚みのあるシミ、 ほくろのような状態のシミに対しても

改善効果はありません。



自分が求めるシミ消しのスピード、

シミの状態によっては思ったほど効果が感じられない場合もあります。



シミ消し効果を求めて化粧水を選ぶ場合のおすすめ成分は

「ビタミンC誘導体」です。



ビタミンCは食品からも摂取することができますが、

水に溶けやすく体内に長時間留めておくことができません。



しかし、 ビタミンC誘導体として化粧水に配合し、

肌の細胞に浸透させることで、

体内でビタミンCに変えることができます。



その結果、

シミを薄くするだけでなく

アンチエイジング効果も期待できます。



シミ消し化粧水を選ぶ際のポイントは、

入っている成分の種類の多さに惑わされないことです。



種類が豊富でも、

濃度が薄ければ効果は期待できません。



シンプルで確実性の高いものを選びましょう。





シミ消し美容液の効果とそのメリット・デメリット



シミ消し美容液には、

保湿と美白成分が含まれていることが一般的です。



シミ消しには、

お肌の乾燥は大敵です。



肌が水分不足の状態になると、

ターンオーバーが正常なリズムで行われなくなります。



その結果、

紫外線ダメージを受けやすくなり、

メラニン色素を排出するどころか、

普段以上に体内で生成してしまうという結果になってしまいます。



そのため、 しっかりと保湿を行うことが、

シミ消しの第一歩と言えます。



まず、 シミ消し美容液を選ぶ際のポイントは

「医薬部外品(薬用)」があるかどうかという点です。



この表記がある美容液は、

中に入っている美白成分に対して

国の厚生労働省が認めているという安心の証です。



シミ消しに効果的な美白有効成分は、

「アルブチン」

「プラセンタエキス」

「ビタミンC誘導体」

などです。



今あるシミを消し、

新たなシミを予防したい場合は、

「ビタミンC誘導体」

が入っているかどうかチェックしましょう。



さらにより高い美白効果を求める場合は、

「ハイドロキノン」

も役に立ちます。



シミ消し美容液のメリットは、

保湿効果が高い分、

肌本来に働きかけて正常なターンオーバーをよみがえらせてくれる点です。



また、 化粧水と違い、

スポット的にシミに使用することができるため、

一見高いと感じる美容液も

コストパフォーマンスに優れていることが多いのです。



ただし、 シミは昨日や今日に浴びた紫外線だけが原因で

発生しているわけではありません。



数ヶ月前、 数年前、

さらに数十年前に浴びた紫外線が原因のシミが

今皮膚の表面に出ていることもあるのです。



つまり、

シミ消し美容液はシミに対する効果が高いというものの、

全てのシミに対して対応できるわけではないと言えます。



美白美容液は、

シミができてから使うのではなくシミ予防の意味も込めて、

20代後半、 30代前半ごろから取り入れて行くと良いでしょう。



また、 デメリットとしては敏感肌の人の場合、

美容液に含まれる他の成分に反応し、

肌荒れを起こしてしまう可能性があげられます。



敏感肌の人は、

ハイドロキノン配合の美容液を避けるなどの対処をした上で、

使用を検討してみましょう。