地黒、色黒でも美白、色白になれる?どんなケアが効果的なの? | 美白サプリ人気ランキング総選挙~憧れの美白肌を取り戻す方法



美白サプリ人気ランキング総選挙
美白サプリ人気ランキング総選挙



どうやって肌の色は決まるの?地黒・色黒さんの美白の限界とは



黄色人種である日本人。

しかし、人種は同じでも一人ずつ肌の色は異なるものです。

色白の人がいる一方で生まれつき
地黒、色黒の人がいます。


この肌の色を決めている大きな要素のひとつが

「メラニンの量」です。

メラニンをつくりだす細胞が「メラノサイト」。



実はこのメラノサイトの量には個人差はありません。

しかし、 メラノサイトがどれだけメラニンを作り出すのか、
この差が肌の色に大きく影響を与えています。



地黒・色黒の人は、

もともと体内のメラニンが多い状態です。



そのため、

一般的な肌の色の人に比べ、

色が黒くなっていると言えます。



このメラノサイトの活動量は、

遺伝的要素が強く両親ともに地黒・色黒であれば、

子どもも地黒・色黒になる可能性が高まります。



また、

色黒と色白の親から生まれた場合は、

優勢遺伝の方が引き継がれることになります。



それでは、メラニンが多い地黒・色黒さんは
美白を目指すことはできないのでしょうか?答えはNO!です。



そもそも美白とは、

単純に白い肌になることを意味しているわけではありません。



シミやシワのない、

透明感のある肌。



本来の美白の意味は、

そこにあります。



また、「メラニン色素が多い=新たな紫外線が肌の内部に侵入することを防ぐ力が強い」
という意味ですから、

地黒・色黒の人は、

色白の人に比べ、

強い肌質を持っていると言えます。



ただし、

強い肌質を持っているからといって、

何もケアをしなければ美白・美肌になることはできません。



しっかりとスキンケアを行うことで、

肌本来の力を発揮することができるのです。



また、 自分が地黒・色黒だと思っている方には、

どこまで白い肌に近づけるのか知る方法として、

お尻やお腹、 太ももの内側など、

普段露出することがない部分の肌の色を

チェックすることをおすすめします。



顔や腕に比べて、

だいぶ色が白いのではないでしょうか?

それが本来のあなたの肌の色なのです。



つまり、 地黒・色黒だと感じている方も、

努力次第ではその肌の色までは

改善することが可能というわけです。





地黒・色黒でも肌に透明感がでるスキンケア方法



肌に透明感を出すためのスキンケアとして

心がけたいポイントを3つお伝えします。





●季節問わず、 紫外線対策をしっかり行う



地黒・色黒の方は、

紫外線の内部侵入を防ぐ力が強いものの、

だからといって、

何もしなくて良い訳ではありません。



肌に透明感を出したいのであれば、

紫外線対策は必須です。



元々紫外線を吸収しにくい肌であるという利点を生かし、

さらにダメージを減らしましょう。



日焼け止めクリームや、

アームウォーマー、 帽子、

サングラスなどのグッズを活用してください。





●保湿成分を含む美白化粧品を使用する



肌のキメやうるおいを求める場合、

保湿と美白のWケアが重要です。



しっかり保湿を行い、

キメを整えることで光の乱反射作用を

利用することが可能になります。



その結果、 元の肌色以上に、

色白に見せることもできるのです。



また、 メラニンを増やさないための美白成分には

ハイドロキノンやルシノールがあげられます。



ただし美白作用が強い商品は、

肌質や体質によって合わない可能性もあるため、

最初から濃度が濃い製品を使うことは避けましょう。



成分の含有量と自分の肌と合わせて選ぶことをおすすめします。





●顔のマッサージで、 くすみ防止



身体が冷えている方や運動不足な方は血の循環が悪くなりがちです。



その結果、

本来の肌の色以上に黒く、

くすんでいる可能性があります。



逆に言えば、

マッサージで血行をよくすることで

肌の色を普段より明るく見せることも可能です。



肌の表面に余計な刺激を与えないように、

マッサージの際にはオイルやクリームを使用することをおすすめします。 。



指の腹をメインに使い、

優しく丁寧にマッサージしましょう。



目覚めてから化粧をするまでの間に行うと、

化粧品の浸透率もアップするため、

より高い効果が見込めます。





日頃の紫外線ケアにプラスしたいインナーケアとその成分



身体の外から行う紫外線ケアやスキンケアだけでなく、

インナーケアを取り入れることで、

より美白・色白に近づきやすくなります。



肌の老化を防ぐために必要な

「抗酸化物質」の代表的な成分といえば、

ビタミンCです。



野菜や果物に豊富に含まれていますが、

ただたくさん食べれば良いというわけではありません。



ビタミンCを多く含む、

オレンジやグレープフルーツ、

レモンなどの果物や、 セロリ、

人参などの野菜には、

「ソラレン」という成分が入っています。



このソラレンを摂取してから

2~6時間以内に太陽の光に当たると、

通常以上に紫外線を吸収してしまうというデメリットがあります。



そのため、 ビタミンCを豊富に含む食べ物は、

夕方?夜以降に食べる方が良いでしょう。



また、

ビタミンCは体内で長くとどまらせておくことができません。



一度に大量に摂取するよりも、

こまめに長期的に摂取する方が効果的です。



より抗酸化物質の効果を高めたい場合は、

ビタミンCと同時にビタミンA・Eを摂取しましょう。



ビタミンEには、

アンチエイジング効果、

ビタミンAには、

新陳代謝促進効果

が見込まれます。



また、 食事でインナーケアを取り入れたい方におすすめの食材が、

味噌です。



腸の善玉菌を増やすはたらきがあり、

体内からの美肌促進に役立ちます。



味噌汁には、

体を温める効果もあり、

冷え対策にも役立てることができます。



さらに、

「遊離リノール酸」

によって、

メラニンの合成を抑制できるため、

季節を問わず積極的に摂取しましょう。