鏡を見るたびため息…顔のシミを消して鏡を見たくなる美白美肌に! | 美白サプリ人気ランキング総選挙~憧れの美白肌を取り戻す方法



美白サプリ人気ランキング総選挙
美白サプリ人気ランキング総選挙



数ある肌のお悩みの中でも、

特に多くの人が悩んでいるもののひとつに

「シミ」

が挙げられます。



シミを消すために様々な努力をしてきたものの、

なかなか効果が出ない…

と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。



実は顔にできるシミにはいくつか種類があり、

それぞれの内容に応じた治療が必要になります。



またシミの予防には食生活や生活習慣も関係しており、

普段からこれらに気を配ることで、

シミを作りにくくする生活をおくることも可能なのです。



そこで今回は、

シミの種類とその原因、

そして効果的な治療法や食習慣、

生活習慣などについてご紹介します。





■顔にシミができる原因とその種類



顔にできるシミは大きく4つの種類に分けられます。



・日光黒子(にっこうこくし)

・雀卵斑(じゃくらんはん)

・炎症後色素沈着

・肝斑(かんぱん)



それぞれ原因が異なるため、

ご自身のシミがどの種類に当てはまるのかを把握することが、

正しい対策や治療法を検討するための第一歩となります。



ここではそれぞれの特徴と原因についてご紹介します。





▼日光黒子(にっこうこくし)



老人性色素斑ともいわれるシミで、

30代以降に増えやすいといわれています。



顔以外にも腕や背中に出やすいのが特徴です。

多くは類円形で茶色または濃褐色であることが多い傾向にあります。



原因は長年肌が紫外線にさらされ続けたことにより発生した、

過剰なメラニンだといわれています。



過剰なメラニンの発生は肌が光によって老化したことで起こるため、

日光黒子は光による肌の老化(光老化)が原因ともいえます。





▼雀卵斑(じゃくらんはん)



主に頬や鼻の周りに発生しやすい小さな円形のシミで、

ソバカスとも呼ばれます。



人によっては3歳頃から見られることもあるほど早期に出やすいシミで、

思春期の頃に特に目立ちやすくなります。

遺伝的要因が原因であることがわかっています。





▼炎症後色素沈着



何らかの原因によって、

肌に炎症が起こったあとに発生するシミです。



ニキビや火傷のほか、

虫刺されや過度な洗顔による肌へのダメージなども原因のひとつとなります。



茶または黒っぽい色をしており、

年齢や性別にかかわらず発生することが特徴です。



自然に消えるものが多いですが、

加齢などによって肌のターンオーバーがうまくいかない場合は、

長く肌に残ることもあります。





▼肝斑(かんぱん)



頬骨からその下辺りに出やすいシミで、

左右対称に発生するのが特徴です。



色は薄いものから褐色のものまであり、

広範囲に発生する傾向にあります。



30代から40代の女性に出やすく、

逆に高齢になるほど出にくくなるシミです。



原因は女性ホルモンの乱れといわれており、

妊娠などによって誘発・悪化する場合もあります。





■顔のシミに効果的な治療方法とは



シミに効果的な治療法は、

その種類によって異なります。



間違った治療法を試してしまうと、

逆にシミが悪化することも。



以下ではそれぞれの種類に合った効果的な治療法についてご紹介します。





▼日光黒子(にっこうこくし)



光老化によるシミ対策には、

「ハイドロキノンやレチノイン酸の塗布が効果的」

といわれています。



ハイドロキノンはメラニンの原因となる色素細胞や

その酵素に働きかけることで、

メラニンの分泌を抑える効果が期待できるとされています。



またレチノイン酸は肌の生まれ変わりを促すことが期待されており、

いずれもシミ改善のために皮フ科から処方されることが多いクリームです。



この方法で難しい場合はレーザー治療が行われます。





▼雀卵斑(じゃくらんはん)



雀卵斑の治療にはハイドロキノンやレチノイン酸のほか、

ビタミンC誘導体やグリチルリチン製剤の処方などが一般的です。



ただ、 遺伝的な要素が強いことから

これらの方法で完全にシミを消すことは難しいため、

ケミカルピーリングやレーザー治療などを用いる機会も増えています。



これらの治療には高い費用がかかるほか、

効果に個人差が生じる場合も多いため、

事前に皮フ科医などとしっかり相談をした上で行うことをおすすめします。





▼炎症後色素沈着





炎症後色素沈着の場合はビタミンCやL-システインなどを

服用することで治療を目指すことが一般的です。



ビタミンCによってメラニン色素の生成を抑制するとともに、

L-システインによって肌のターンオーバーを促進し、

美白を目指します。



このふたつは同時に使用することで相乗効果が得られるため、

同時摂取するのがおすすめです。





▼肝斑(かんぱん)



他のシミと違い、

「肝斑はレーザー治療を行うとさらに悪化する」といわれています。



そのため治療にはビタミンCやL-システインのほか、

トラネキサム酸などの内服薬を使用するのが一般的です。



トラネキサム酸は肝斑の治療によく使われる内服薬のひとつで、

色素沈着を抑える効果が期待されています。



また、

同時にハイドロキノンなどを処方されることもあります。





■顔のシミに効果的な食事・生活習慣とは



シミ治療には様々な方法がありますが、

大切なのはシミを作らないこと、

そして悪化させないことです。



そのためには、

毎日の食事や生活習慣を見直すことが、

シミケアの大きなポイントとなります。



ここではシミの予防や薄くするための食事や

生活習慣についてご紹介します。





▼シミの予防や薄くするための食事



シミ対策にはビタミンCの摂取が効果的とされています。



そのためイチゴや赤ピーマンなど、

ビタミンCが豊富に含まれている食材を、

普段から多く取り入れるようにしましょう。



また肌のターンオーバーを促すL-システインや

高い抗酸化作用を持つといわれるリコピン、 アスタキサンチンなども、

シミの予防や薄くするためにおすすめしたい食材のひとつ。



L-システインは

はちみつや大豆、 リコピンはトマト、

アスタキサンチンは甲殻類や鮭

などに豊富に含まれていますので、

これらを意識して摂取することをおすすめします。





▼シミの予防や薄くするための生活習慣



・紫外線対策をしっかり行おう シミの原因は様々ですが、

その多くに関係するのが紫外線です。



つまり紫外線をできるだけ浴びないことが、

シミ予防の第一歩につながるといえます。



帽子をかぶったり適正量の日焼け止めをしっかり塗るなど、

日差しが強い夏はもちろん、

春や秋にも紫外線対策をしっかり行いましょう。





・睡眠をしっかり取る



若い頃は特別な治療をしなくても、

シミが自然と消えることもありましたよね。



それは肌のターンオーバーがしっかり行われていたから。



しかし加齢とともにターンオーバーは乱れがちになり、

自然とシミも治りにくくなります。



この肌のターンオーバーは成長ホルモンによって促されますが、

特にノンレム睡眠の際に大量に生成されることがわかっています。



ノンレム睡眠とはいわば

「深い眠り」

に陥る時間のこと。



睡眠不足な生活が続くと

成長ホルモンがしっかり生成されないため、

シミが治りにくくなってしまいます。



普段から睡眠をしっかり取るようにして、

肌のターンオーバーが正常に行われる生活習慣を心がけましょう。



シミを治すための第一歩はご自身のシミがどの種類なのかを知り、

適したケアを行うこと、

そして規則正しい生活習慣を送ることだといえます。



今回の記事を参考に、

まずは生活習慣の乱れを整えるとともに、

どの種類のシミに悩まされているのかをチェックしてみましょう。