気付いた時には手遅れ!?できてしまったシミを消すことはできるの? | 美白サプリ人気ランキング総選挙~憧れの美白肌を取り戻す方法



美白サプリ人気ランキング総選挙
美白サプリ人気ランキング総選挙



美白=ハイドロキノン?そもそもハイドロキノンってどんなもの?



シミ対策に効果的な成分として、

少しずつ有名になってきた、

「ハイドロキノン」。



ハイドロキノンの役割は、

シミの原因となるメラニン色素の活動を抑制するだけでなく、

メラニン色素をつくる細胞自体を減らすことです。



直接、 シミ ・美白対策に役立つことから、

「肌の漂白剤」

とも言われており、

シミに悩む人々の強い味方になっています。



同じく美白成分のイメージが強い

プラセンタやビタミンCとの大きな違いは、

シミを予防するだけでなく、

直接細胞レベルにはたらきかける点が挙げられます。



その分、 プラセンタやビタミンCの

数十倍の美白効果が期待できます。



日本でのハイドロキノンの歴史はまだ浅く、

以前は医師の処方がなければ使用することができない

処方薬として扱われていました。



化粧品の中に配合されるようになったのは、

2001年の薬事法改正からで、

現在はドラッグストアなどでも

気軽に入手することができます。





●ハイドロキノンの濃度による違いとは?



市販の化粧品に配合されているハイドロキノンは、

1?5%程度。



ただし、 必ずしも「濃度の高さ=効果の高さ」

ではありません。



ハイドロキノンは、

プラセンタやビタミンCに比べて美白効果が高い分、

肌への刺激も強く、

人によっては赤みや炎症等を引き起こすことがあります。



初めてハイドロキノンを使用する方は、

必ずパッチテストを行いましょう。



1?3%程度のハイドロキノン濃度の場合は、

安全性も高いとされていますが、

敏感肌の場合はその程度でも刺激を感じることがあります。





●ハイドロキノン配合化粧品利用時の注意点



ハイドロキノン配合の化粧品は、

効果が期待できる反面、

肌質によっては肌トラブルの原因となることがあります。



違和感があれば、

即使用を中止し皮膚科での診察を受けましょう。



また、

ハイドロキノン配合化粧品を使用している際の肌は、

紫外線にとても弱くなっている状態です。



そのため普段以上に紫外線対策をしっかり行う必要があります。





シミのケアにはどんな美容成分が配合されているものを選べばいいの?



シミをケアするためには、

美白化粧品の使用が効果的です。



しかし、 配合されている美容成分の種類は様々です。



また、

「メラニンの生成を抑制する=シミの予防」と

「すでにあるメラニンを体外へ排出する=現在のシミを薄くする」では、

必要な美容成分が異なります。



「メラニンの生成を予防したい」

「すでにあるメラニンを排出したい」

または、 その両方など、

自分が目指すシミケアに合わせて、

配合されている美容成分をチェックすることが重要です。



ここではシミのケア方法別に、

美容成分をご紹介します。





●新たなメラニンの生成を抑制する成分





・ルシノール

ハイドロキノンと似た構造・効果を持つ医薬部外品の美白成分です。

酸化酵素・チロシナーゼの活性を抑え、 メラニンの生成を防ぎます。



・アルブチン

梨やコケモモ等の植物から抽出した成分です。

ハイドロキノンに比べると、 刺激が少なく肌に優しい点が特徴です。

肌に吸収された後はハイドロキノンに変わることから、

すでにあるシミを薄くする効果も期待できます。



・トラネキサム酸

メラニンの生成抑制の他、

炎症を抑制したり肌荒れを改善する効果があります。

皮膚科で処方される薬の成分のひとつです。



・プラセンタエキス

牛や豚などの動物の胎盤から抽出したエキスです。

ミネラルやアミノ酸を豊富に含み、

肌の新陳代謝をスムーズにしながら、

チロシナーゼの活性を抑えてくれます。





●「メラニン生成抑制+メラニン体外排出」の成分





・ハイドロキノン

チロシナーゼの活性を抑え、

すでに体内にあるメラニンを薄くする効果がある成分です。

最も美白効果が高い成分と言えます。


刺激が強い分、 皮膚が弱い方は、

まずは低濃度配合の美白化粧品から使用することをおすすめします。



・ビタミンC誘導体

ビタミンCは、 そのままの状態では水に溶けやすく、

化粧品に配合した時点で壊れやすいというデメリットがあります。



ビタミンC誘導体の状態にすることで、

体内に取り入れた瞬間、 ビタミンCに変化するため、

安定した状態で使用することが可能です。



ハイドロキノン同様、 チロシナーゼの活性を抑え、

メラニン色素の排出を促す作用があります。





シミ対策に美白化粧品、 その効果を実感するまでにかかる時間は?



シミ対策に美白化粧品を使用し始めたら、

次に気になるのは「どれくらいで効果を実感できるのか」

という点ではないでしょうか。



美白化粧品の効果と大きく関係するのが、

肌のターンオーバーのサイクルです。



現在あるメラニンを排出し、

新しい肌に生まれ変わることで

少しずつ効果を実感するのが一般的となります。



通常のターンオーバーサイクルは、

28?45日程度。



ただし、 年齢を重ねるにつれ、

このサイクルがゆっくりとなる傾向があります。



早い人では1回のターンオーバー

によって効果が現れることもありますが、

基本的には、 3ヶ月から1年ほど

様子を見ることが推奨されています。



ターンオーバーを3回繰り返したころには、

何らかの変化を感じることができるでしょう。



そもそも、

紫外線等に反応し体内でメラニンが生成されるのは

自然な身体の反応です。



その反応を、 美白化粧品の使用によって

抑えようとしているわけですから、

ある程度の時間がかかると考える必要があるでしょう。



ただし、 赤みや炎症、 ピリピリとした皮膚の痛み等

通常とは明らかに異なる刺激を感じた場合は、

使用を中止し、 必ず皮膚科を受診してください。



自己判断で使用を続けることは危険です。