全ての美白女性に知ってほしい、美白とホルモンバランスの関係 | 美白サプリ人気ランキング総選挙~憧れの美白肌を取り戻す方法



美白サプリ人気ランキング総選挙
美白サプリ人気ランキング総選挙



生理中や妊娠中、 いつもより

「シミが増えた・濃くなった」

と感じたことはありませんか?

それはホルモンバランスとの関係が影響しているからです。



原因とメカニズムを知ることで、

濃くなってしまったシミをケアできます。



そこで今回は、 女性のホルモンバランスに大きな影響を与える、

「生理」「妊娠」と美白の関係について紹介します。





■生理前、 妊娠中は普段よりも日焼けしやすくなる?



生理前、 妊娠中

は肌がデリケートになるので、

紫外線の影響を受け日焼けしやすくなります。



それには生理前と妊娠中に分泌される、

ある「女性ホルモン」が

大きく影響しているのです。





▼紫外線の影響を受けやすくなる理由は?



女性の体は1ヶ月周期で

「生理前」、 「生理中」、 「生理後」

と大きく分けて3段階で変化していきます。



その際

「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」

という女性ホルモンが活発になることで

ホルモンバランスに影響を与えます。



生理前は「卵胞ホルモン」に誘発された「黄体ホルモン」が増えることで、

紫外線の影響を受けやすくなるのです。



妊娠中も「黄体ホルモン」の

分泌量が増えるので、

同じことがいえます。



逆にホルモンの分泌が減少する更年期障害も、

ホルモンバランスに影響が出るため

シミが増えてしまいます。





▼「黄体ホルモン」ってなに?



黄体ホルモンは紫外線の影響を受けやすくなるだけではなく、

皮脂分泌を誘発する原因にもなっています。



そのことで肌が不安定な状態になり、

メラノサイトが刺激されメラニン色素も増加します。



生理前にニキビが増えるのも同様の理由です。



つまり紫外線の影響を受けやすくなるだけではなく、

シミの原因も同時に発生しています。



そのため肌のコンディションとしては「最悪」で、

シミができやすい環境が整っているのです。



特に妊娠さんに現れるシミは、

「妊娠性肝斑」と呼ばれるシミで、

頬や口周りなど目立つ場所に左右対称で現れます。



出産後にうすくなる傾向にありますが対策をしておかないと、

シミが残ってしまいます。



しっかりとケアを行い、

シミを残さないようにしていきましょう。





■生理中や妊娠中に気を付けたい美白スキンケア



メラニン色素が発生し、

紫外線の影響を受けやすくなる生理前・妊娠中は

いつものUVケアよりも入念に紫外線対策を行ってください。





▼日焼け止めを使う



紫外線から肌を守るために、

こまめに日焼け止めを塗る習慣をつけましょう。



「日焼けしないように」

とだけ考えていると夏だけのケアでいいような気もしますが、

紫外線は1年中降り注いでいます。



特に日中の紫外線量は多く、

直射日光が当たらない場所でも

紫外線が反射して肌にダメージを与えるので、

季節を問わず生理前・妊娠中は

日焼け止めを塗るようにしましょう。





▼美白効果の高い化粧品を使う



「ビタミンC誘導体」

「アルブチン」

「プラセンタエキス」

など美白効果が高い成分が

配合された化粧品を選びましょう。



化粧水、 乳液、美容液だけではなく、

UVカット効果の高い下地や

ファンデーションも合わせて使えばより効果的です。



美白成分を取りいれられるだけではなく、

皮下組織に紫外線を通さないように

気を付けてくださいね。





▼見落としがちな「目」にも紫外線の影響がある!



実は目も紫外線の影響を受けやすい場所なんです。



紫外線のダメージを受けると、

脳にメラニン色素の生成を促します。



実は目から受ける紫外線の量は、

全身で紫外線を受けた場合と

ほぼ同等のメラニン色素が検出されます。



UVカットのサングラスなどで対策をしておきましょう。





▼サプリを飲んで美肌ケア



化粧品などを使った外からのスキンケアだけではなく、

手軽に始められるサプリメントを使い

体の内側からも美白ケアを行いましょう。



【ビタミンC】

シミやシワに効果的なのがビタミンCです。

メラニン色素の生成を抑えるだけではなく、

肌のハリに必要なコラーゲンの生成も促してくれます。



【アスタキサンチン】

赤い食べ物に多く含まれているカロテノイド色素で、

ビタミンEの約1000倍の

「抗酸化力」を持っています。

「抗酸化力」 を強めることで

メラニンの酸化を防ぎ、シミを予防するのが

「アスタキサンチン」

です。



メラニン色素を定着させないために必要な成分なので、

積極的に摂取しましょう。





■受けてしまった紫外線ダメージを残さない方法



「充分なケアをしていたつもりが日焼けしてしまった…」

そんな時は、紫外線ダメージを残さないようアフターケアを行いましょう。





▼まずは火照りをとる



日焼けしたお肌は炎症をおこしています。



そのためすぐに化粧水をつけるなどして

美白ケアをすると、

余計に赤くなってしまう可能性があります。



まずは冷たいシャワーや保冷剤で肌を冷やして、

炎症が治まってからお肌の保湿を行いましょう。





▼肌を保湿!



肌の赤みが引いたら化粧水を使い保湿をしてください。



火照りが収まった肌は

メラニン色素が活性化しているので、

ビタミンC誘導体などが多く含まれた化粧水を使うと効果的です。



保湿のためにはたっぷりつける必要があるので、

「美白化粧水はもったいない…」

という場合はプチプラ化粧水で

たっぷり保湿してから美白効果のある化粧水をつけてもOKです。



冷えた化粧水でパッティングすると

肌の火照りが落ち着きやすくなります。



保湿をしたら、乳液やクリームを使い

しっかりと水分を閉じ込めて完了です。



ホルモンバランスを整え、

正しい美白ケアで美しい肌を維持しましょう♪