年齢がでる?手のシミの予防と解消法について | 美白サプリ人気ランキング総選挙~憧れの美白肌を取り戻す方法



美白サプリ人気ランキング総選挙
美白サプリ人気ランキング総選挙





手のシミの原因は紫外線による日焼けだけ?




手のシミの原因は、

紫外線による日焼け

だと思われがちです。



しかし、

ヤケドや怪我などの刺激によって皮膚が炎症を起こし、

そのままシミという形で残る場合もあります。



ほとんどの手のシミの原因には

紫外線が関係しているものの、

一部例外があることも知っておきましょう。



手のシミの原因を知ることで、

対策を取りやすくなります。






手は、 そもそも紫外線を浴びやすい反面、

様々な作業をすることで日焼け止めクリームも落ちやすいため、

紫外線を浴びる頻度が高くなります。



しかし、

紫外線を浴びて肌が黒くなる本来の原因は、

メラニンのはたらきによるものです。



紫外線を浴びることで増えた活性酵素に対抗するために、

メラニン細胞が活性化しているのです。



通常であれば肌のターンオーバーと共に

身体の外にメラニン色素が排出されますので、

正常な肌色に戻ります。



しかし、 大量の紫外線を浴び続けていたり、

年齢を重ねることで肌のターンオーバーが

正常に機能しなくなったりしますと、

メラニンが排出されにくくなり、

体内に残ってしまうことになります。



残ったメラニン細胞が茶色く変色し、

その色が肌に残った状態で生まれるシミのことを

「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」

と言います。



また、 ヤケドや怪我などの刺激により皮膚が傷つくことで、

少しずつ色素が沈着してしまうシミを

「炎症性色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)」

と言います。



また、 一時的な傷によるシミの場合は、

傷が完治するにつれて

シミも消えることが一般的ですが、

アトピー性皮膚炎のように継続的に刺激が続く場合は、

くっきりとシミが残る原因にもなります。





できてしまった手のシミの治療にはどんなものがある?



すでにできてしまった手のシミ。

クリニックでの治療から自宅でもできる治療など様々です。

代表的な治療方法について詳しく見ていきましょう。





●レーザー治療と光治療







レーザー治療と光治療は

代表的なシミの治療方法と言えるでしょう。



皮膚の厚さやシミの範囲によって

選ばれる治療方法は異なります。



レーザー治療はシミにレーザーをピンポイントであてて、

治療することにより即効性が期待できますが、

治療後に元の肌の色に戻るまで1~3ヶ月を要します。



また、 手の皮膚が薄い場合は、

光治療が選択されることが多いようです。



光治療の特徴は、

IPL(アイ・ピー・エル)

と呼ばれている波長の光を皮膚全体に当て、

メラニンのみに反応させます。



薄いシミでは、 レーザー治療よりも

光治療の方が効率的な場合もあるようです。



治療方法や金額はクリニックによって大きく異なりますので、

まずは事前カウンセリングを

しっかりと受けることをおすすめします。





●自宅でのクリームによる治療







シミ治療に効果が期待できる成分は、

ハイドロキノンやトレチノインです。



これらの成分が配合されたクリームを自分で塗る治療方法もあります。



特にハイドロキノンは、

シミの原因となるメラニン色素を

分解・抑制するとして既に効果が実証されているため、

レーザー治療に抵抗がある方にも人気の治療方法です。



ただし、 妊娠中の方は

トレチノインの使用は避けるべきということや、

治療中の日焼け対策は必須など、

様々なルールがあります。



初めて使用する場合は

自己判断で使用を決めるのではなく、

医療機関に相談することをおすすめします。





●医薬品を使って身体の中からシミ治療







そもそも手にシミができる原因は、

肌の新陳代謝が落ちていることにあります。



つまり、

新陳代謝をよくすることも

シミ治療のひとつなのです。



メラニンの排出を促す作用がある

「L-システイン」を積極的に摂取することで、

長期的にシミ治療に取り組む方法もあります。



即効性は期待できませんが、

長い目で見ると肌質改善にもつながります。



また、

シミ解消には、

合わせてビタミンCを積極的に摂取すると良いでしょう。



ビタミンCは、

食品からも摂取することができますが、

化粧品等による経皮摂取も効果的です。





手のシミを予防するためのケア、大事なのは保湿?



できてしまった手のシミを治療することも大切ですが、

何よりもシミをつくらない努力が重要です。



そもそも

「顔より、 手は10年早く老化する」

との言葉があるほど、

手はシミができやすい場所。



ここでは手のシミの予防方法について詳しく見ていきましょう。





●紫外線防止







手のシミを予防するためには、

何と言っても紫外線を防ぐことが重要です。



紫外線は夏だけでなく、

1年中降り注いでいますので、

顔だけではなく、

手にもしっかり日焼け止めクリームを塗りましょう。



UVカットが可能なアームウォーマーなどを併用することで、

紫外線対策効果がアップします。



「長時間外出しないから」、

「洗濯物を干すだけだから」

などという方も安心は禁物です。



スポーツやレジャーに比べると軽く考えがちな日常紫外線ですが、

積み重なることで肌にダメージを与えるのです。



できる限り、 紫外線を浴びないよう、

心がけましょう。





●しっかり保湿対策







紫外線対策と同じくらい重要となるのが、

保湿です。



なぜなら乾燥した肌は、

シミの原因となるメラニンが発生しやすい状態なのです。



例えば、

同じ紫外線量を浴びたとしても、

潤いのある肌と乾燥している肌では、

ダメージ量が異なります。



水仕事をした後は、

水分をしっかり拭き取りましょう。



手が濡れた状態のまま放置しておくと、

水分が乾くと同時に肌が必要とする油分なども一緒に蒸発してしまいます。



特に夏場は、

手が濡れていても冷たくて気持ち良いとそのまま放置する機会も増えがちです。



指と指の間まで、

しっかりタオルで拭き取ることが手のシミ予防につながります。



同時に、

元々手荒れしやすい、

肌が弱い体質の方は、

水仕事の際はゴム手袋をつける、

肌に優しい洗剤を選ぶなどの対策を行うことも重要です。