30代から50代にかけてできやすい【肝斑】のお手入れ方法



美白サプリ人気ランキング総選挙
美白サプリ人気ランキング総選挙




30代から50代にかけてできやすい【肝斑】のお手入れ方法



30代から50代にかけて、

肝斑に悩む女性の割合が

多く
なります。


肝斑に悩む女性の割合


肝斑は顔にできるシミひとつで、

ホルモンバランスが乱れることが

原因で
引き起こされます。





日焼けなどでできるシミのように

ポツポツとしたものではなく、

ベタッと張り付いた感じに

見えることを特徴
としています。





肝斑ができる場所は

ほほ骨の上の高くなっている部分が

ほとんどとなっていますが、



人によっては鼻の下や額に

肝斑ができることもあります。





肝斑の特徴は

薄い茶色や灰色のなるシミで、

太めのハケで塗ったような感じになり、

形も左右対称ではありません。







肝斑ができてしまう原因は


妊娠中は肝斑ができやすい
肝斑は、ホルモンバランスの乱れを

原因としてできることから、



女性ホルモンが徐々に

減少していく更年期、

出産を控えた妊娠中の女性に


あらわれます。





そのため、肝斑を

予防するためには

ホルモンバランスを整えること


まず必要となり、



食生活を見直したり

生活リズムを整えたりすることが

大切となります。





栄養のバランスのとれた食事を取り、

規則正しい生活をするように


心がけましょう。





また、ストレスも

ホルモンバランスを乱すので

なるべく減らしたいものです。





ストレスのせいで、

肝斑が濃くなることも


あるぐらいですから、



ストレスの原因となるようなことは

取り除くようにしましょう。





ストレスを上手に発散したり、

ストレスに負けない身体づくりを

することも努力して
くださいね。







紫外線は肝斑を悪化させる



紫外線も肝斑には

大敵
となります。


紫外線は肝斑を悪化させる


紫外線によるダメージは

肝斑を悪化させ


色を濃くしたり

肝斑の範囲を広めたりします。





しっかりと紫外線対策をして、

日常から紫外線を浴びないように


心がけましょう。





外出するときは

日傘や帽子、サングラス、

日焼け止めや

UV効果のある化粧品を使って、



無防備に太陽の光を

浴びないようにすること
が大切です。







肝斑に効果的なお手入れの方法



スキンケアには

美白効果のある化粧品を使用すると、

肝斑にも効果があります。



美白有効成分には

さまざまなものがありますが、

その中でも肝斑には

ハイドロキノンが効果を発揮します。





美白ケア以外では

トラネキサム酸という成分を

配合した内服薬やサプリ


肝斑に効果的だとされています。


トラネキサム酸という成分は肝斑に効果的


実際、数か月の美白サプリの服用で

肝斑が薄くなった、という

報告もありますが

体質的には効果が出ない人もいます。





1か月間、美白サプリを服用し

様子を見て
、効果のあり・なしを

判断することをおススメします。





ちなみに、シミに効果的とされている

レーザー治療は、肝斑の場合は

かえって色素を沈着を

悪化させてしまいます
ので

避けてくださいね。




   >>みんなが選んでいる!肝斑にも効果がある美白サプリは?