紫外線ダメージでできる【老人性色素斑】



美白サプリ人気ランキング総選挙
美白サプリ人気ランキング総選挙




1番多いシミの原因「老人性色素斑」とは



年齢を重ねると


ある日突然、顔に薄いシミが
シミに悩む女性

できているのを

発見することがあります。







この突然のシミは、

「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」

といいます。



老人性色素斑は、急にできてしまったように見えますが、

実はそうではありません。






急にできてしまったように見えますが、

それまでに肌が浴びてきた

紫外線の影響による

メラニン色素の異常生成が原因
で、

少しずつシミになっていったものなのです。





老人性色素斑は

これまでのダメージが

蓄積された結果
なのです。



また、老人というショッキングな言葉も目立ちますが、

早ければ30代、40代ごろから、

発生しはじめるケースもあります。





肌質や日ごろのケアなど、様々な要因による個人差があります。



最初の大きさは、

あまり大きくありません。

数ミリ~数センチ程度のサイズなので、

気にならない方がほとんどでしょう。

さらに色も、濃くはありません。

ファンデーションなどでカバーできる程度のとても薄い茶色です。




ほほ骨の高いところにできるケースが多く、

徐々に 顔全体に広がっていきます。

できている範囲が広がるにつれて、

色も濃くなり、目立ち始めるようになります。




大きさが目立つようになると、

色が濃くなっていくという特徴がありますので、

なるべく、早い段階からの対策が重要となってきます。




また、老人性色素斑は何年かを経て、

盛り上がってくることがあります。



それが、

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)

へと悪化してしまったケースです。




脂漏性角化症は、

お年寄りなどの顔によくできている、

イボのようなものです。



良性腫瘍となりますので、

身体への悪い影響などはありませんが、

見た目としてはとても気になるものでしょう。




サイズが小さく、数も少なければ

美容クリニックなどでの治療で、

取り除くことができるケースがほとんどです。




脂漏性角化症へと悪化してしまった場合も、

皮膚科の病院や美容クリニックなどに相談し、

早い段階での処置が重要です。



老人性色素斑のレーザー治療とそれ以外の治療方法について



老人性色素斑は、

美容クリニックなどのレーザー治療によって、

元通りの肌に近い状態へ治せる可能性が高いとされています。




レーザー治療は、

皮膚の奥のシミの原因となる

メラニンを取り除く治療ですので、

根本的に解決することが期待できます。




ただし、個人差はあるものの

レーザー治療後の約10日後には治療部分が、

かさぶた状になり赤くなります。




この期間はダウンタイムと呼ばれ、

その後は約1~6ヶ月かけて元の肌に戻っていきます。

この期間は腫れることなどもあり、

軟膏やクリームなどによるケアが必要となります。




費用については

クリニックやレーザーの種類などによって変動しますが

一般的なレーザー治療の相場は

5ミリ以下5,000円~15,000円ほどとなっています。




美白サプリがシミには効果的


レーザー治療以外の治療法としては、

美白サプリなどがあります。

体内に美白成分を取り込んで、

体全体を美白する
というものです。




また、美白化粧品なども有効手段の1つです。

初期のシミであればあるほど、

美白成分の効果は期待できるでしょう。


ハイドロキノンという成分が配合されている美白化粧品を選ぶことがポイントです。




ハイドロキノンは、

メラニンができるのを抑えてくれ、

老人性色素斑にも効果的とされています。




このように、

美白サプリ美白化粧品を使用したケアによって

シミを薄くすることができるでしょう。




しかし、老人性色素斑の場合は、

美白成分を使ったからといって、

いきなりなくなったりはしません。





毎日コツコツと使用して、

ケアを続けていくことが必要です。



老人性色素斑の対策のカギは「紫外線」




老人性色素斑は、

日光性黒子(にっこうせいこくし)

という名でも呼ばれます。




紫外線によるダメージの蓄積で、

このシミができるのです。


よって、紫外線を上手にカットすることによって、

老人性色素斑を予防できるのです!




日常生活で受ける紫外線のダメージは、

日焼け止めやUVカット機能のある化粧品を使用することで

軽減させることができます。





老人性色素斑は紫外線対策で予防できる

外では、直射日光を浴びることも多いので

紫外線のケアはマスト

と言えるでしょう。


日焼け止めをまんべんなく塗って、

対策を取りましょう。









そして、

室内でもUVカットなどの紫外線ケアはとても重要になってきます。

紫外線はガラスや窓を突き抜けますので、外から入り込んできます。

窓がない部屋は例外ですが、

ほとんどの部屋は、窓を突き抜けて紫外線が肌を攻撃するのです。




日焼け止めUVカットの洋服

肌へのダメージを軽減するなど、

お肌にバリアを張って、紫外線から守ってあげる必要があります。




日焼け止めは正しく使用して PASPFという

日焼け止めの数値がありますが、

この数値が高いもの

を使うといいでしょう。

但し、使用法を守って、

使うようにしてください。






また、パウダーファンデーションなどを使って、

日焼け止めクリームを上から抑えてあげるのもポイントです。

これらを併用した、紫外線の対策

老人性色素斑の予防につながるのです。




老人性色素斑は美白ケアが有効



老人性色素斑は

初期のころであれば、

美白サプリや

美白化粧品を使用したケアで

薄くすることが
できます。


老人性色素斑は美白ケアが有効


とくに美白に有効な成分である

ハイドロキノンは

メラニンの生成を防ぎ、

老人性色素斑に対して

高い効果を発揮すると考えられます。





いずれにしても、すぐ直るものではなく

しっかりとケアをすることが重要です。





美白サプリなどを併用し

地道なケアを
心がけましょう。




   >>みんなが選んでいる!シミ改善効果が分かる美白サプリは?