日焼け止めはたっぷりつけることがカギ



美白サプリ人気ランキング総選挙
美白サプリ人気ランキング総選挙




日焼け止めはたっぷりつけることがカギ



紫外線が多い時期に、

長時間にわたって

屋外にいなければならないときなどは、

とくに念入りに

紫外線対策をする必要が
あります。





日焼け止めを使用して

紫外線対策を行う女性も

多いと思いますが、



日焼け止めは

正しい方法で使用しないと、

効果を十分に得ることができません



日焼け止めはたっぷりつけることがカギ


せっかくSPF値やPAに注意して

日焼け止めを選んだとしても、



間違った使用方法をしていると

その効果は20分の1程度まで

落ちてしまうこともある
ので、



十分すぎるほど十分に

気をつける必要があります。







ちょっとの日焼け止めではUVカットはできない



日焼け止めを使用する適正量は、

皮膚1平方センチメートルあたり

2ミリグラム
とされています。


ちょっとの日焼け止めではUVカットはできない


しかし、この量の日焼け止めを

しっかりと使うことが

できている女性は、ごくわずかです。





厚塗りになってしまうことを恐れたり、

重く感じるのを嫌ったりするため、

多くの女性は適正量よりも

少なく使っています






人によっては

4分の1程度の量しか使用しておらず


これでは紫外線対策を

したとは言えません。





日焼け止めの効果を

十分に得ることができるよう、

適正量をしっかりと

使用することを心がけましょう。





どうしても少ない量しか

使用したくないという場合でも、



だ日焼けをしやすい

ほほの上だけには

適正量の日焼け止めを

塗っておくことが大切
です。







外出しない日もファンデーションでUV対策を



せっかく日焼け止めを

使用するのであれば、

より効果的に使用したいものです。


外出しない日もファンデーションでUV対策を


日焼け止めは、その上に

パウダーファンデーションを

塗ることによって、

より高いUVカット効果を発揮
します。





パウダーファンデーションには

紫外線を散乱させて



肌にまで届く量を

減少させる作用をする成分が

多く含まれているからです。





この紫外線を散乱させる成分は

リキッドファンデーションや

クリームファンデーションにも

含まれていますが、



一番多く含有しているのは

パウダーファンデーション
です。





外出せずに在宅で

1日を過ごすという場合でも

パウダーファンデーションだけは

塗っておくと、



窓から入ってくる

紫外線によるダメージを

防ぐことができます。




   >>みんなが選んでいる!効果が分かる美白サプリは?