日焼けをしてしまった後の正しいお手入れ 大事なのは保湿?



美白サプリ人気ランキング総選挙
美白サプリ人気ランキング総選挙




日焼けをしてしまった後の正しいお手入れ 大事なのは保湿?



日焼けをすると肌が黒くなりますが、

これは紫外線の刺激から

肌を守るために

メラニン色素を

たくさん生成するからです。


日焼けをしてしまった後の正しいお手入れ 大事なのは保湿?


しばらくすると黒かった肌も

少しずつ元の肌色に戻りますが、

この現象は肌のターンオーバーが

きちんと機能しているからです。



日焼けをし続ければ

メラニン色素も

どんどん増えていくので、



肌の色も濃くなっていきますが、

日焼けは火傷をしているのと

同じ状態である
事は

あまり知られていません。





紫外線は思っている以上に

肌に刺激を与えます。





日焼けが肌に負担をかける事に

違いありませんが、

ある程度下地ができていれば

火傷も軽症で済みます。







日焼けで赤くなった肌は火傷状態 冷やしてケアを



その年初めて日焼けをするような時、

焼きすぎて肌が赤くなり

ヒリヒリする事がありますが、

この状態はまさに火傷そのものです。



痛みも出て

肌は熱を持ち火照るので、

冷やすのが正しい対処法
です。





火傷をした時は

とにかく冷やせと言われますが、

日焼けも症状によっては

火傷と同じ処置をします。





単なる日焼けと軽く考えがちですが、

水ぶくれになり

破ければ痛みも出ますし、

処置が悪いとケロイドのように

跡が残ります。







日焼け止めで必ず予防を



日焼けをして赤くなるのを防ぐには

日焼け止めの使用を

おすすめします。





肌を焼きたい時も

最初は日焼け止めで赤くなるのを防ぎ、

下地を作ってからに
しましょう。





火傷まではいかなくても

紫外線を浴びれば肌が乾燥します。







紫外線を浴びたら保湿を重視!



シミを防ぐために

美白ケアも効果は期待できますが、

紫外線を浴びてしまったら

保湿を重視
しましょう。


紫外線を浴びたら保湿を重視!


肌の乾燥は老化につながりますし、

シミだけでなく

シワの原因になります。





ビタミンCやプラセンタなど、

美白効果の高い成分も欠かせませんが、

たっぷりの化粧水で水分を与え、

乳液や美容液で潤い
を与えましょう。





与えた水分は潤いを逃がさないように、

仕上げは油分のある

クリームがおすすめ
です。



油分が適度な膜となり

肌の水分や潤いの

蒸発を防いでくれます。



火照りや赤みがある場合は、

ケアのまえに十分冷やして

炎症を鎮めておきましょう。




   >>みんなが選んでいる!効果が分かる美白サプリは?