日傘は白?黒? 実は効果が違う!日傘選びのポイントは



美白サプリ人気ランキング総選挙
美白サプリ人気ランキング総選挙




日傘は白?黒? 実は効果が違う!日傘選びのポイントは



紫外線対策には帽子も便利ですが、

帽子だけでは心細い人は

日傘を使うのがおすすめです。


日傘は白?黒? 実は効果が違う!日傘選びのポイントは


ただし、確かに紫外線を防ぐ効果は

帽子よりも高そうですが、

日傘も色選びを間違えると

紫外線防止効果が

半減してしまいます






日傘の色も、今は

たくさんの色や柄がありますが、

白と黒のどちらかを

選べと言われたら

あなたはどちらを選びますか?







紫外線カット率が高いのは黒い日傘



色だけで見るなら

白よりも黒い方が

紫外線カット率は高く
なります。





というのも白は

紫外線を反射しますが、

黒は紫外線を

吸収する性質が
ありますので、


日傘として使う場合反射よりも、

日傘自体が紫外線を吸収した方が

自分に来る紫外線量は

少なくなります。





最近の日傘は生地に

UVカット加工を

施している物が多いので


UVカット加工が施されていれば

色はあまり関係無い
ようです。







地面からの反射にも対応できる日傘を選びましょう



紫外線は上から

降り注ぐ物だけとは限りません。



壁やアスファルトに当たれば

反射しますので、

横や下からも

紫外線はやってきます。


地面からの反射にも対応できる日傘を選びましょう


日傘の色を選ぶ時、外側の色だけに

気が向いてしまいますが、

反射を考えた場合は

日傘の内側の色も注意が必要
です。





白は反射しますが

黒は吸収するので、

内側の色も黒いほうが安心です。







内側が銀色の日傘は要注意!



日焼けをする時、

少しでも紫外線を多く集めようとして、

銀色のマットを敷く事がありますが、

日傘の内側が銀色の場合は、

横や下からの照り返しで

日焼けします
ので注意してください。





日傘を選ぶ時に

紫外線カット率が高いのは、

UVカット加工されている生地か、

色が黒い生地
です。







UVカット加工の日傘の効果は永久ではない!



ただし、UVカット加工が

施されている生地でも、

効果は永久ではありません





生地の素材で見た場合は、

繊維に隙間のある綿よりも、

目が詰まったポリエステルの方が

紫外線カット効果が高くなります。





ただし黒は紫外線を吸収するので、

長時間使用していると

暑くなってきます。



暑さを考えた場合は、

白のUVカット加工が施されている麻や

シルクの生地もおすすめ
です。





日傘も寿命はあります。

UVカット加工が施されていても

永久ではありませんし、

ポリエステルも使えば

劣化していきますので、

日によって使い分けるのも

良いかもしれません。




   >>みんなが選んでいる!効果が分かる美白サプリは?