ファンデーションで紫外線対策をする方法



美白サプリ人気ランキング総選挙
美白サプリ人気ランキング総選挙




ファンデーションで紫外線対策をする方法



紫外線対策と言うと

日焼け止めを使用したり、

UVカット機能のある化粧品に

切り替えたりすることを

思い浮かべる女性が多いと思います。


ファンデーションの日焼け止め効果


しかし普通に化粧をするだけで

紫外線の対策は可能
です。




ベースメイクとして

使用するファンデーションには、

紫外線を散乱させる

効果がある成分が含まれて
います。






特別にUVカット機能が

付与されていないものであっても、

ファンデージョンには

紫外線から肌を守ることができる


成分が含まれているのです。







ファンデーションで紫外線対策できる



ファンデーションには

リキッドファンデーション、

クリームファンデーション、

パウダーファンデーションといった

種類があります。


ファンデーションの紫外線予防効果


どのファンデーションにも

紫外線を散乱させる効果がある

成分が配合されているため

紫外線対策として

使用することができますが、



その中でも、もっとも

効果的に肌を紫外線から

守ることができるのは

パウダーファンデーション
です。





粉の成分が多い

ファンデーションのほうが

紫外線をたくさん

カットすることができるため、



リキッドファンデーションや

クリームファンデーションに比べて

パウダーファンデーションのほうが

高い紫外線対策効果が発揮
されます。







パウダーファンデーションはしっかり保湿して使いましょう



粉の成分が多い

パウダ―ファンデーションは

当然のことながら

粉浮きしやすいものとなっているので、



下準備としては

化粧水や乳液に美容液をプラスして

しっかりと保湿を


することが重要です。


化粧水や乳液に美容液をプラスして美白ケアを


十分に保湿をしないで

パウダーファンデーションを塗ると

粉浮きしやすく、すぐに化粧崩れを

起こしてしまう原因に
なります。





セラミドなど保湿成分を配合した

美容液をプラスすることによって、

肌に十分な潤いを

与えることができます。





潤いがそれでもまだ

不足するようであれば、



保湿用のクリームをさらに

プラスするのも効果的
です。





下地用クリームより

保湿用クリームを使用する方が、

パウダーファンデーションの

粉浮きを予防することができます。



敏感肌用の保湿クリームを、

薄く延ばして塗るように
しましょう。







小鼻やTゾーンはクリームは不要



しかし皮脂の分泌が多い部分に

クリームを塗ると、

化粧崩れの原因
となります。





小鼻の周りやTゾーンなどには

クリームは塗らないように
しましょう。





またクリームを塗った後に

すぐパウダーファンデーションを

使用してしまうことも

化粧崩れの原因となります。





クリームを塗った後は

クリームと皮脂とがなじむよう、

10分程度そのままに

しておくことが大切です。








化粧直しにはフェイスパウダーを使う



パウダーファンデーションを

使用しているときの化粧直しには、

フェイスパウダーを使用
します。


化粧直しにはフェイスパウダーを使う


化粧直しで

パウダーファンデーションを重ねると、

厚くなり過ぎてしまいます。





化粧直しをするさいは、

まず時間の経過とともに

浮き出してきた皮脂を

あぶらとり紙で吸い取ります。





浮いてきた皮脂は

そのままにしておくと酸化し、

肌にダメージを与えます




乾燥肌の女性でも

きちんと取り除くようにしましょう。




   >>みんなが選んでいる!効果が分かる美白サプリは?